京都市高齢者向け優良賃貸住宅

高齢社会の急速な進展のなか、増大する高齢者の単身世帯や夫婦世帯などの
居住の安定を図るため、主として民間活力により、高齢者の身体機能に対応した
設計、設備などバリアフリー化された優良な賃貸住宅の供給を促進すること等を
目的として、平成13年8月に「高齢者の居住の安定確保に関する法律」が施行
されました。この法律に基づき、高齢者向けの優良な賃貸住宅を整備される
場合、地方公共団体が整備や家賃の減額に係る費用に対し、補助を行い公的
賃貸住宅として活用する制度です。

制度の特徴

入居申込者の資格 原則、60歳以上の単身者。
(同居の場合は
一定の要件有り)
所得制限はありませんが、一定の所得を上回
る場合は、家賃減額の措置はありません。
家賃の減額措置 高齢者が安定して住まいを続けられるよう、
所得に応じて家賃の負担を軽くする措置がとられている。
安全・安心設計 高齢者にとって安全で、安心な住居となるよう床の段差解消、手すりの設置、介助スペースの確保などきめ細やかな配慮だなされている
生活支援サービス ・緊急時対応サービス
 万一の場合(事故・急病・負傷)には緊急通報
 サービスを受けられます
・生活異常監視サービス
 毎日の生活リズムの異常を感知する水使用
 センサーを活用した生活異常監視サービス
 を受けられます。
・健康相談サービス
 病気・健康維持に関する相談、医療機関の
 案内・介護に関する相談などのサービスが
 受けられます・
年1回の所得調査 所得に応じた適正な家賃補助を行うため、入居後も毎年1回、入居世帯の構成や所得調査の実施が義務づけられています。


ご不明な点や詳細につきましては、お問い合わせ下さい。
TEL:0120−361−368